« ハクビシンの被害 | トップページ | わかのつぶやき8/17~27 »

2011年8月28日 (日)

出荷前の生育状況と農作業のお供

 ここ数日の作業内容を報告させて頂こうと思います。

 ここ数日は出荷前にハウスのぶどうのお手入れをしたり、露地の草刈りをしたりしていました。

 ハウスのぶどうはここ数日の雨で裂果が始まってしまい、その裂果した粒を落とす作業を行っていました。この作業をしないと裂果した粒から果汁が落ちて他の粒に腐れが出てしまうかも知れないのです。なので、裂果した粒は1つずつ落としていきます。

 今日はハウスの中が暑くて大変でした( ̄Д ̄;;

 草刈りの様子なのですが、草刈り前に画像を撮影して草刈り後に撮影し忘れてカメラも忘れて帰宅するという失態をしてしまいました(^-^;

 なので、そのお話しは置いておいて、今回は生育状況をメインでお話しさせて頂こうと思います。

 一応、草刈り前の画像がこちらです。

023

 大分茂っています( ̄◆ ̄;)

 この草を刈って畑周りの草を刈るのですが、周りの草は明日刈ろうと思っています。

 さて、現在の生育ですが、昨日撮影した画像となっています。昨日、撮影後に作業の続きを行って帰宅したのですが、カメラをハウスに忘れてきてしまい今日報告させて頂く事になってしまいました(^-^;

 現在の有核巨峰はこの様に色がついてきました。

025

 画像だと実際より赤く見えている気がするのですが、とにかくかなり色がついてきました。ただ、粒は例年より小さいので、甘さは良いと思いますが重さが規格を下回る房がかなり出てしまう可能性も有るのでは無いかと考えています。

 そして、有核巨峰より着色が進んでいた種無し巨峰ですが、この様になっています。

027

 日差しの辺り加減で少し色は赤く見えてしまうのですが(光が良く当たると赤く見えて暗いと黒く見えます)、それを差し引いても着色が有核に追いつかれてしまいました。

 因みに種有り巨峰と種無し巨峰の出荷時期は少々違って、果樹試験場と農業改良普及センターと知人の農家さんは、全員種無し巨峰の方が出荷が早くて種有りの方が若干遅いと指導されます。

 逆に種無し巨峰の方が出荷が遅くなると技術員さんから指導されています。

 私は果樹試験場で学んできたので、種無しの方が出荷が早いと思っています。ところが、何故か生育が進んでいた種無し巨峰の着色が数日程前から殆ど進まなくなってしまいました。

 我が家だけでなく、近所の農家さんも「ここ数日で種無し巨峰の着色が進まなくなった」と仰っていたので、何か原因があるのか、それともこれから着色が進むのかちょっと不安でいます。

 ただ、今の着色ならばギリギリ出荷に間に合うと思われるので、ここ数日ずっと着色が間に合うか心配していた私としてはホッとしています。

 さて、もうすぐ収穫が始まるのですが、去年は蚊が大発生して私は発狂しそうな程体中を刺されました。それも今までに見た事が無い白黒のシマシマで、見るからに刺されたら痒そうな蚊が畑に入ってすぐに大量に襲いかかってくるのです。

 しかも去年は9月になっても異様な程暑かったので、虫除けスプレーもすぐに汗で流れてしまうのか効果が無く、虫除けのリストバンドみたいなモノを購入してきてもそのリストバンドの横を蚊が刺していたりと全く効果が無くて大変でした(ノ_≦。)

 今年の露地は、今の所それほど蚊は発生していないのですが、ハウスが少し蚊が多いです。そこで、去年知人の農家さんに教えて頂いた秘密兵器を使用してみました。こちらです。

035

 腰に吊して使用できる蚊取り線香なのですが、その農家さん曰くこの腰から吊す蚊取り線香が1番蚊が寄ってこないとのことです。

 上の部分がフックになっていて(若干手ぶれしていました( ̄◆ ̄;))

040

 このフックをベルトとかに引っかけて吊します。線香の当たらない部分を自分の方に向けて吊すのですが、それでも最初は怖かったです。熱かったらどうしよう・・ってなったのですが、全然熱くなくてホッとしました( ̄▽ ̄)

 今日はこの線香のお陰か全く蚊に刺されませんでした。上半身はですが( ̄◆ ̄;)足首の辺りは少し刺されちゃいました(^-^;でも、去年より全然マシです。去年は本当に酷かったです。なにせ、収穫したコンテナを運んでいると腕に5~6匹位の蚊がとまっていた位です。

 ぶどうの入ったコンテナを持っているので手で叩くことも出来なくてコンテナを車に積むと蚊はいなくなっているのですから憎たらしかったです。たまにぶどうの入ったコンテナを放り投げて蚊を叩こうかと思ってしまったこともあったりです(゚ー゚;

 今年は毎回この腰に吊す蚊取り線香を持って畑に行こうと思います。心強い収穫のお供を手に入れました(◎´∀`)ノ

 そう言えば、今日はハウスでぶどうのお手入れを行ったのですが、そこでこんな2番なりを見つけました。

057

 バッチリ色のついたナガノパープルの2番なりです。何か小さなぶどうって感じです。ここまで着色が進んでしまうと落とすのが惜しい位です。が、やはりしっかりと1番なりの房を甘く仕上げないとならないので、落としました。この房はちょっとした話題の為に紹介させて頂きました。

 さて、最後にぶどうは関係ないのですが、ハウスの下の田んぼ(我が家の田んぼではない)に大量の雀が来ていました。多分、稲穂を食べていたのだと思います。

053

054

055

 手をパンパン!と叩いたのですが、雀君は殆ど逃げませんでした。捕まりっこないって分かっているのでしょうか?鳥って賢いですね(^-^;

 今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 それでは、また。

|

« ハクビシンの被害 | トップページ | わかのつぶやき8/17~27 »

農作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1223823/41395782

この記事へのトラックバック一覧です: 出荷前の生育状況と農作業のお供:

« ハクビシンの被害 | トップページ | わかのつぶやき8/17~27 »