2011年光太郎成長記

2011年9月17日 (土)

収穫の中間報告と光太郎旅立つ

 ここ数日は出荷に追われていました。

 今日はここ数日の出荷の報告をさせて頂こうと思います。ここ数日の出荷は種無し巨峰をメインに発送と農協への出荷を行っていました。

 毎日わっさりと収穫してくるのですが、お手伝いさんが来て下さって毎日一生懸命出荷をさせて頂いています。

002

 画像は発送用の種無し巨峰です。この種無し巨峰君が箱に入れてお客様の元へ発送させて頂いています。ここ数日はご注文頂いたぶどうを発送させて頂いて、ご注文頂いた皆様に感謝の毎日です(*^-^)皆様本当にありがとうございますヽ(´▽`)/

 発送は巨峰だけでなく、欧州系ぶどうや欧州系ぶどうと巨峰の詰め合わせなど、ご注文のぶどうを発送させて頂いたのですが、遂にシャインマスカットの光太郎君が旅立つことになりましたo(*^▽^*)o

026

 画像は収穫寸前の光太郎君です。光太郎君を収穫してきて袋に入れて発送準備完了です(◎´∀`)ノ

027

 まだ他の房が入っていないので、ぽつーんとしていますが、他の房と組み合わせて出荷をさせて頂きました。ただ、この日は近年希にみる忙しさで、運送屋さんがぶどうを取りに来て下さっているのに箱詰めが終わらなくて、必死で箱詰めしてこっそりと一瞬で画像を撮影させて頂いたのですが、手ぶれしまくりでした030

 光太郎君が美味しく食べて貰えているかなぁ。なんて思っちゃっています。

 そういえば、私のネット友達のnobuta49様我が家のぶどうについてブログでコメントをして下さいました。

 皆様も是非ご高覧賜りたく思います。

 毎日、出荷に発送にとあくせくしていますが、毎年「美味しかった」の一言が本当に嬉しいです(゚▽゚*)苦労した甲斐があったなぁってしんみりしちゃいます。

 これからまだまだ出荷に発送にと大忙しですが、今年も張り切って行こうと思いますo(*^▽^*)o

 因みに、昨日今日と市場が休みで出荷が出来なかったのですが、明日から出荷が出来ます。そして、種無しの巨峰が一部脱粒が始まってしまったので、明日からは大忙しで出荷をさせて頂こうと思っています。樹に房を着けたままにしておくとどんどん脱粒が進んでしまうので、出来るだけ早く種無し巨峰の出荷を終わらせなければです。

 今日も文脈がメチャクチャになってしまいましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 今日もじっくり眠って明日の出荷に備えようと思います。

 それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月31日 (水)

2011年光太郎成長記・光太郎キラキラする。

 今回は光太郎成長記の収穫前の生育を報告させて頂こうと思います。

 光太郎とは私が独断と偏見で選んだシャインマスカットの房に光太郎との識別名を付け、その成長を本ブログで報告させて頂いています。

 この1年の光太郎君の成長はカテゴリーの2011年光太郎成長記をご高覧賜りたく思います。

 さて、現在の光太郎君の生育はこうなっています。

009

 少し茶色いサビと呼ばれるスジが出てしまっていますが、かなり粒が大きくなり房も立派になりました(◎´∀`)ノ

 さて、タイトルにあるキラキラとはどんな感じかというと、上の画像では分かりづらいのですが、シャインマスカットは粒がかなり綺麗で、まるでプラスチックか蝋細工の作り物のぶどうかと思う程綺麗な粒です。

 実際に品種検討会などで色々な品種の味を食べ比べる機会が何回かあったのですが、そこで近所の農家さんが「これ、プラスチックの作り物じゃないの?」と真顔で仰っていました(^-^;

 プラスチックというと食品として印象が悪いかも知れませんが、もちろんプラスチックなど混入していませんし、立派なぶどうです。ただ、その位綺麗な粒だと伝わって頂けるとありがたいです(*゚▽゚)ノ

 さて、その粒がどの位綺麗かというと(画像で伝わってくれるか少し不安ですが)こんな感じです。連続撮影で撮影した中から特に現実に近いように感じた2枚をUPさせて頂きます。

027

022

 キラキラしているのが伝わって頂けると嬉しいです。蝋細工の様だと思って頂ける位のキラキラが伝わりますようにヽ(´▽`)/

 キラキラ美肌に成長した光太郎君ですが、味は隣の房を食べても糖度は上がってきましたが、後思う一歩酸が抜けて欲しい感じでした。つまり、甘酸っぱい感じですが少し酸っぱい感じでした。収穫まで後1週間位あるので、多分その頃には酸も抜けてバッチリ甘くなっていると思います。

 さて、光太郎成長記は以上になります。

 恐らく、光太郎成長記はこれにて収穫まで更新は終わりになると思います。後は収穫時に美味しく食べて貰える事を願って味がのるのを待つことに致します。

 皆様、今年の光太郎成長記にお付き合い頂きありがとうございました。

 収穫時に最後の光太郎成長記を記述させて頂きますので、よろしければまた見に来て頂けるとありがたく思います。

 それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

2011年光太郎成長記・光太郎袋を掛けられる。そして大きくなる。

 数日ぶりの光太郎成長記を記述させて頂きます。

 2011年7月17日2011年光太郎成長記・光太郎粒になる。で報告させて頂いた時の光太郎君がこちらです。

002 

 そして現在の光太郎君はこの様になっています。

013  

 現在はシャインマスカットも袋が掛けられているのですが、袋を開けてみてビックリです。一ヶ月足らずでこんなに大きくなったかぁ。という感じです。

 これからまだまだ大きくなります。成長が楽しみですねぃ(◎´∀`)ノって感じでございます。

 さて、シャインマスカットは出荷のギリギリまで大きくなり続けると最近聞きました。次回袋を開けた時の感動の為に暫く袋を開けずに行こうと思います。

 さて、今日は地域の市民祭りの日です。私はお出掛けする位なら部屋で本でも読んで過ごしたい人間なので、行かずに本でも読んで過ごすつもりでしたが・・・ずっと更新できなかったブログを更新させて頂き、これからPALネットながののブログを更新したいと思います。

 今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。是非、また光太郎君の成長具合を見に来て下さい。よろしくお願い致します(◎´∀`)ノ

 それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

2011年光太郎成長記・光太郎粒になる。

 光太郎の成長を報告させて頂こうと思います。

 光太郎はシャインマスカットの一房を選んで、その成長の記録を報告させて頂こうと考えたブログ記事となっています。

 詳しくは2011年7月 2日付け本ブログ記事2011年光太郎成長記の開始をご高覧賜りたく思います。

 さて、現在の光太郎君ですが、この様に成長を遂げました。

001

この房が光太郎君です。前回の記事から大分粒が大きく成長をしました。

 この粒を抜いて房の形を整えるのですが、そのつぶ抜き後の画像がこちらです。

002

 少しスッキリしましたが、それほど違って見えません(^-^;

 まあ、もう少し成長してからもう少し粒を抜くかも知れません。現在は予備的に粒を抜いたので、もう少し粒が大きくなってから仕上げます。その方が粒が大きい分隙間が少なくて自信を持って粒を抜けるのです。逆に今のつぶ抜きは、抜いた分だけスカスカになってしまって「こんなに粒を抜いて大丈夫かなぁ」とか不安になってしまうのです。

 まあ、シャインマスカットがもっと沢山収穫出来る様になれば一気に抜けるかも知れませんが、現在は高接ぎで少しでも早く収穫出来る様になったのですが、まだまだ収量が少なくて一房がとっても貴重なので、じっくりとつぶ抜きを行っています。

 また数日後に粒の大きくなった光太郎君の画像を紹介させて頂こうと思っていますので、また是非見に来て頂けたら嬉しくなっちゃいます(*^-^)

 それでは、また是非よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

2011年光太郎成長記の開始

 久しぶりのブログ更新です。大分ほったらかしで申し訳無く思います。

 最近は房切りやジベレリン処理に追われていて、ブログを更新する気力がありませんでした。

 さて、現在の作業ですが、種無し巨峰のピンチングを行っています。作業に追われて画像がありませんので、2011年5月16日の本ブログ記事 2011年ハウスぶどうのピンチングを開始致しました。をご参照頂きたく思います。

 概ね上記の記事と同じ作業となっています。

 さて、ピンチングを早く終わらせて、早く種無しのつぶ抜きを開始したいところではあるのですが、このピンチングが中々終わりません。本当はもう終わっていなければいけないのですが、房切りを優先してこの作業を後回しにしたので、現在大忙しです。

 そんな作業を必死の状態で、ハッと思いました。

 今年の光太郎成長記を記述しなければ!!となりました。

 光太郎成長記とは、本ブログ上で私が独断と偏見で選んだシャインマスカットの房の成長記録となっています。選んだ房を識別名:光太郎と名付けてその成長を記述させて頂いているのです。

 さて、その2011年光太郎成長記ですが、記念すべき1回目は房の紹介です。

 私が畑を回って選んだのですが、高接ぎのシャインマスカットからこちらの房を選びました。

004

 こちらの房が本年の光太郎君となる房に致します。

 これから不定期ですが、この光太郎君の成長具合を報告させて頂きますので、よろしければまた見に来て頂けるとありがたく思います。

 因みに高接ぎとは何かですが、こちらの画像をご覧頂きたく思います。

005

 上の画像で、茶色い枝が横にスーーっと伸びているのが確認頂けるかと思います。実はこの枝にシャインマスカットを接ぎ木したのです。上記画像の枝は巨峰の枝です。そこにシャインマスカットを接ぎ木したので、この枝の真ん中から右が巨峰の枝で、左がシャインマスカットと途中から品種が変わっているのです。

 このお話しはお客様にさせて頂くと殆どの皆さんが驚かれます。

 この接ぎ木は自分で購入した苗であれば芽を接ぎ木して増やしても良いのです。ただし、増やした樹から収穫したぶどうは販売できますが、増やした樹を販売や譲渡は種苗法違反となるので禁止されています。

 接ぎ木とはどの様に行うかですが、台木に継いだシャインマスカットはこの様になっています。

009 

 この私の手の下に白いテープがグルグルと巻かれているのがお分かり頂けるかと思います。

 その下の部分が台木と言われる樹で、テープから上がシャインマスカットです。

 このテープの部分で枝を付けているのです。

 やり方は画像で説明すると手間が掛かるのと、あまり面白い内容では無いので省きますが、この接ぎ木を現在ある巨峰などに行う事で、数年でも早く収穫する事が出来ます。これを高接ぎというのです。

 今回の光太郎君もこの高接ぎの樹から選ばせて頂きました。

 さて、今日の作業中に鳥の巣の付近を作業していたのですが、親鳥が来ている様子が無いのでよく見ると巣を捨ててしまったようです。

 多分期間からして巣立ったのではなく、捨ててしまったのだと思います。

 残念です。去年もこの小鳥の雛の様子を遠くから撮影して紹介させて頂いたのですが、今年はヒナを見ることなく終わりそうです。

 最後にその鳥の巣です。結構器用にバランスを取って巣を作るのですよ。

012

 真ん中にある糸くずの集まりみたいなのが巣です。

 さて、本日は以上になります。

 今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。また、よろしければ光太郎君の成長ぶりを見に来て下さい。

 それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)