« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月17日 (月)

大雪

お世話様です。

ここ数日は14日の大雪で各地に影響が出ていますが、皆様は大事なく過ごされていらっしゃいますか?
私の住む東御市でも大雪による影響が出ています。
家の前がこんなに雪が積もったのは初めてです。

006

ハウスの中もこんな感じです。

018

が、中より問題なのがハウスの上に積もるビニールです。

ハウスのビニールの上に雪が積もって、ハウスがつぶれてしまう事があります。
正直、東御市は雪の少ない地域なので、今まで殆ど(というか1度も)対策をするところを見た事が無いのですが、今回は近所でいくつものハウスが倒壊してしまいました。

我が家のハウスはまだビニールを掛けていなくて、一部、物置代わりにビニールを残している程度で、更に耐雪型のハウスなので、正直対策の必要性を感じていなくて「まあ、夜に少し見回りに行けば良いか。」位のつもりでいたのですが、私が少し本を購入に出掛けて帰宅して、あまりの雪にこれはまずいかもしれない。。と思い、見に行きました。

車で行けないくらいに積もっていて膝の上まで雪で埋まっていますが、掻き分けて向かいました。

008


ハウスにつくとこんな感じでした。

006_2

007


まだあんまり積もっていないのかな?と思って登って雪を落としてみたらこんな感じでした。

009

まだ潰れる程じゃないかな?と思いつつ落としていたら、どんどん雪が積もって来て明らかに積雪が増えています。

Ounnb


これはマズイ(@_@;)と家に電話するも、返答は多分大丈夫だと思う。との事。応援は来ないようなので、私一人で雪を落とし続けました。

パイプも冷え冷えで、手袋で触ったら一瞬で凍って、バリっていいます。多分肌で触れたら皮膚を持って行かれるので、慎重に行動です。

まあ、そうは言っても、ハウスの一部ですし、そこまで時間も掛からないだろうと思っていたのですが、 結局朝まで掛かってしまいました(^_^;)


朝になって日が出てきたので、まだ完全には落とせていないけど、大丈夫だろうと思い、帰宅しました。帰宅途中に遠目で他の家のハウスを見て、潰れていなそうなので、「雪下ろししなくても何とかなったかな。」と思いつつ帰宅しました。

が、ここで思いもよらぬ事態。。腰のすぐ下まで雪が積もっていて進めません。。そして、長靴の中に容赦なく雪が入ってきます。。。長靴の中が雪の溶けた氷水になってグッチャグッチャいっているし、冷たくて足の指はちぎれそうなくらい痛いし、泣きそうになりながら帰宅して、お風呂で温まって寝ました。

そして、消防団の関係で電話を貰ってお昼のちょっと前位に起きました。

そこで、農家をしている後輩から衝撃のお話。近所でハウスが潰れまくっていると。。。

私「え!?うそでしょ?」後輩「ホントです。ウチも潰れちゃいました。」

私「後、どこのお宅が潰れちゃったの?」後輩「多分、無事な方が殆ど無いんじゃないですか?その位潰れてるみたいですよ。」

血の気引きました。大慌てで起きて、家族を探して状況を聞いたらよく分からないらしいので、慌てて畑に向かいました。

ハウスは無事でした。

心から安堵しましたが、私が落とした後も雪がごっそりと積もっていて、慌てて残りも一通り落としました。

そして、昨日、少し畑の方も除雪が進んだので、我が家の露地の畑を見回りながら、他の方の畑も見て回ったのですが、ホントにビニールが掛かっている畑は殆ど潰れていました。

一応、今後の為に写真も撮影させて頂きましたが、人の不幸を掲載してはいけないので、画像の掲載は控えさせていただきますが、滅多に雪害の無い東御市では初めて見る災害でした。

我が家のように一部しかビニールが掛かっていない畑でも、その一部が潰れていました。

両親もビックリしたようで、母は私が雪下ろししてくれて良かったと言っています。

その日のうちに、数名の東御市の市議さんから産地の被害状況を聞かれました。丁度その日に見て回っていたので、出来る限り現状をお伝えさせて頂きました。

まだこれから雪が降るようなので、そこを乗り越えてからですが、これから農家と市の皆さんで良い結果に向かえる取り組みが行えたらと思います。特に、今回は加温のハウスが中心で潰れてしまったので、加温のハウスが再興されることを願いますし、また、知り合いの方も含めて、他の地域の農業関係の皆さんにも被害が出ているとの事なので、これから皆さんが元気に復活できることを願っています。

まだ色々ありますが、本日は以上になります。

皆様も、雪で大変な方もいらっしゃるかも知れませんが、雪下ろしや交通などくれぐれもお気を付け下さい。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »