アニメ・コミック

2012年7月17日 (火)

2012年7月上中旬の作業

今日は恐ろしく暑い1日でした( ̄◆ ̄;)

今日の作業は遂に有核巨峰の房落としの作業に入りました。房落としはあまり忙しい作業では無いのですが、今年は作業が重なりに重なって、ちょっと忙しめに房落としをしなければいけない状態です。

さて、それでも、切羽詰まっていた作業が終わって、やっと少しだけ時間が取れたので、ここ数日の作業報告をさせて頂こうと思います。

まずは、種無し巨峰の房切りが終わって、遅れていたピンチングを行いました。ピンチングは枝の先端をハサミで

005

プチッと切る作業です。

006

何故こんな作業を行うかと言うと、枝に流れている養分を止めて、実に養分を流してやる事で房を大きくします。

水の流れているホースの先端をつまむと途中の穴からぴゅーーっと勢いよく水が出ちゃう感じです。ホースの穴とは枝で言う房の部分です。

分かりにくいかも知れませんが、一気に房に養分が流れるので一気に房が大きくなります(*^-^)

因みに6月30日の種無し巨峰の粒がこんな感じで

011

現在の粒はこんな感じです。

010

上と下の房は違う房ですが、大体同じ位に成長しています。かなり大きくなってきてくれました(* ̄∇ ̄*)

今日から入った房落としですが、こんな感じの房を

014

落とします。

015

本当はもう1房位残すのですが、あまり良い房ではなかったので落としました。

まあ、ここにもう1房ある位がちょうど良い感じの房数です(*^_^*)奥の方にはまだどっさり房がついていますが、これから落としていきます(* ̄ー ̄)v

そうそう、露地の作業が忙しくて、ハウスの様子を見に行けてなかったので、生育を見に行って来ました。

そうしたら、思いの外成長してしまっている房がありました。
正直大きすぎでビックリなしまねスイートです。

017

人の顔位ありました( ̄◆ ̄;)
大きいと見栄えが良いのですが、味が悪くなったり、ムラが出来たりします。
このサイズだとムラが出来る可能性が大きいです。。
今から小さくすると大変なので、房の数を減らして味をのせようと思います。
正直ちょっと勿体ないですが(^^;)

因みに、粒はこんな感じでした。
016

まだ大きくなります。

思いの外大きくなっちゃいました。。
年々粒が大きくなっているので、そろそろその事も計算に入れつつ房作りを行っていこうと思います(^^)

さて、以上になります。

明日は荒川弘さんのマンガ「銀の匙」4巻の発売日です。荒川弘さんは(私は読んだ事が無いのですが)「鋼の錬金術師」の作者さんです。

その荒川弘さんのマンガ「百姓貴族」と「銀の匙」は読んでいるのですが、実は荒川弘さんは北海道の農業高校を卒業し、実家も農家出身で、その経験を元に描かれたこの2作はとっても農家の特徴を捉えていて面白いのですよ(^o^)

因みに百姓貴族は農家の経験を元に描かれた実話のマンガで、銀の匙は農業高校の経験を元に描かれたフィクションです。

どちらも面白いですし、農家あるあるがいっぱいで人に勧めまくりであります(◎´∀`)ノ

明日の最新刊を楽しみにしながら今日はゆっくり眠ります。
ただ、明日はお出掛けで、購入できるとしたら夜遅くか、明後日に購入になってしまいそうですが(T_T)

そんな訳で、明日からの房落としも張り切って行きます。
今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

それでは、また(*゚▽゚)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

天空の城ラピュタの都市伝説!?

 今日は、頭痛が酷かったので選定をお休みしました。最近の気温の変化で若干の風邪気味です。

 私は季節の変わり目などに必ず風邪を引きますのでいつもの事です。

 今日は畑に出ていないので、農業と関係のないお話をさせて頂こうかと思っています。決して記事のネタが切れたから、他のお話で間を繋ごうとかではございません(笑)

 昔記述させて頂いた事も有るかも知れませんが、私は怖い話などが好きです。恐がりな癖にホラー映画をレンタルしてきて見たり、都市伝説のサイトなどよく見ています。

 その後に眠れなくなるので、必ずバラエティ映画や面白い話のサイトなどで和んでから眠るようにします。そうでないと眠る事が出来ません。

 前にバラエティ映画を一緒にレンタルしてくる事を忘れて、夜中に怖くて寝付けなかった事も有るほどです。

 そんな中で、都市伝説で気になる説を見かけてビックリしています。

 ジブリ映画の名作、天空の城ラピュタのエンディングの話です。

 現在のラピュタのエンディングは、ラピュタが空に上って行ってその様子を下から眺めているような様子でエンドとなります。その様子は確かに最近のエンディングで良く見ます。しかし、私はこのエンディングで違和感を覚えていました。

 「あれ?ラピュタって最後にシータ(女の子)の故郷に行って、握手したか、手を繋いで終わりじゃなかったっけ?(バズー男の子のラッパの演奏もあった様な気がします。)」と違和感があったのです。何故だろう、おかしいなぁなんて思っていました。

 個人的にはテレビの放送時間の関係でカットされているのだろうと思っていましたが・・・

 最近、多くの都市伝説のサイトを見ていて、アニメの都市伝説にラピュタのエンディングについての記述が沢山あるのを見つけました。「え!?あのエンディングが都市伝説になってるの!?」となりました。

 その内容によると、ビデオなどにもそのエンディングシーンは入っていないとの事です。そして、現在のエンディングが普通で、私の言っているエンディングが都市伝説となっていて、その割には目撃者が大勢いらっしゃり、議論を巻き起こしているとの事でした。

 私は都市伝説になっているエンディングを小学生位の頃にテレビ放送で見たので、自分の勘違いかも知れないと思いましたが、知り合いに話しても「ラピュタは最後にシータの故郷に行くよ」と言われる方がいらっしゃったので、真相が分かりません。

 何だかモヤモヤしていてすっきりしません。大した問題でも無いとは思うのですが、私が見たあのエンディングが有ったのかどうかを何とか知りたい今日この頃でした。

 興味のない方にはつまらない内容で申し訳ない内容でしたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)